アリロッ君レポート番外編〜スペシャルセッション

2011.1.2

は〜い!アリロッ君アリ!

3回で終わりかと思いきや、年をまたいで意外や長編になったブログ番外編の後編アリ〜

感想はハッシュタグ #alirock を付けてツイートして欲しいアリ!

このイベントもいよいよラスト
スティーヴ エトウ + ASA-CHANG スペシャルセッション!

スペシャルセッション

二人のつきあいは、とても古くて、ASA-CHANGが小泉今日子さんのヘアメイクの仕事をしていた頃にスティーヴさんは小泉さんのバンドにいて、そこでお互い知り合ったそうだアリ。
ASA-CHANGは、スティーヴさんを自分の先生だと言っていたアリよ。
ASA-CHANGが「オレ今度新しくバンド始めたんですよ」って言ったのがスカパラだったというエピソードも紹介されていたアリ。もう25年前の話アリね。

そんな四半世紀のつきあいのある二人の、意外にも初めてのセッションがこの夜繰り広げられたアリ。深夜まで残ってくれたお客様には、本当に貴重なプレゼントだったと思うアリ!

手始めは、スティーヴさんがいびきの音をマイクからサンプリング、そこからASA-CHANGがリズムを紡ぎ出す「いびきセッション(仮)」。

スペシャルセッション
ASA-CHANGはシンバルをこすりスティーヴさんのいびきにあわせていくアリ。

そこで、スティーヴさん、自らのスキンヘッドをエレキドラムの上に振りかざし、テルミンのような効果音を鳴らし始めるアリ。この、身を挺したパフォーマンスに会場大爆笑。

スペシャルセッション

その後、スキンヘッドをお辞儀のように上下させるスティーヴさんにASA-CHANGが近寄り、スティーヴさんの頭が上がったタイミングでシンバルを挟みこませ、まるで餅つき状態に。

スティーヴさん、今回はエレキドラムのスタンドを忘れてしまい、現地調達のスタンドで組んだら、こんな高さになってしまったと。でも、この高さじゃなきゃお辞儀のパフォーマンスも生まれなかったアリ。ライブの醍醐味アリね!

スペシャルセッション

スペシャルセッション


次は、MCで滑舌の話しをしている時に、スティーヴさんが「滑舌、か、滑舌、隔絶、確実隔絶、滑舌」とリズムを取りだしたところにASA-CHANGがかぶせて「滑舌のテーマ」。さらに、スティーヴさんの鼻息をマイクからサンプリングして、そこにASA-CHANGがリズムを重ね、それをループにして。。。二人なのにその場でアンサンブルがどんどん厚くなっていき、ASA-CHANGがドラムロールでマーチ調に仕上げた「鼻息セッション(仮)」

スペシャルセッション

スペシャルセッション

緊張感を持ちつつも、それを感じさせずに、(且つ笑いも取り)進む、超即興のパフォーマンス。キャリアの長いふたりならではのセッションアリ。
こんなの普通はみられないアリよ。

スペシャルセッション

スペシャルセッション

スペシャルセッション

深夜まで、爆笑トークとアツい演奏を繰り広げてくれた二人に、そして、最後まで楽しんでくれたお客様、さらに、スタッフのみなさんにも大大大感謝アリ〜!

写真:鈴木穣蔵 文:アリロッ君
[WRITTEN BY]アリロッ君

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)