【23日まで】年の初めのおしゃれな書道展「YOCO-MOJI」展 開催中!

2011.1.12

店長いわく「いつも気まぐれで決まるんですよ〜(笑)」と言いながら、毎回ばっちり来館者を楽しませてくれる本館2階「Alios Cafe」の展示イベント。新年一発目は、お正月にふさわしく、

110112カフェ展画像01

「書」の展示からスタートです。

といっても、さすがはAlios cafeの企画。
入口にあるような格調高い作品もあれば、

110112カフェ展示画像02

このように「流木アーティスト」に作ってもらったというフレームに、かっこよく飾られているものや、

110112カフェ展示画像03

こんな横文字の作品まで、自由でのびのびした「書」がテンポよく配置されています。

これらはすべて、郡山出身の“書く女”ことSUNNY WRITER YOCOさんが「カンジルママニ」書いた作品たち。入口にあったダルマさんのかわいいイスも、YOCOさんの手づくりだそうです。

1977年、郡山生まれのYOCOさんは、幼少期より書を学び、京都の花園学園大学の書道コースを卒業後、14年ほど京都を拠点に活動。現在は県内を中心に幅広く「書活動起動中」のアーティストです。

「花詩屋さんとして、お話ししながら言葉を操り、日々言葉の旅を続け」ているというYOCOさん。実際どのように作品を生み出しているのか、一度実演を見てみたくなりました。

この展示のためにつくられたフライヤー(ちらし)のなかのYOCOさんの言葉がすてきだったので、転記しておきます。

 オールカラー 発色無限なカラフル脳内
 モノトーンのステージに
 筆を躍らせビートを刻み、墨のメロディで奏でる
 そんな風に、詩いたい
 本日も感度良好!


「墨のメロディ」とはまさにそのとおり!と、展示を見ながら思いました。
YOCOさんの疾走する筆が生み出す、心地よい文字の音楽。ぜひ至近距離で味わってみてくださいね。

110112カフェ展示画像04

◆YOCO-MOJI展
〔期間〕2011年1月9日(日)〜23日(日)
〔会場〕いわきアリオス 本館 2階 Alios Cafe
〔営業時間〕10:00〜18:00
〔料金〕観覧無料
〔お問合せ〕 Alios Cafe 090-2999-3913

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)