【スキマチイワキ】スキマチイワキmeeting vol.2「字を訪ねて中之作〜路線バスチーム」

2015.9.28

アリオスから月に一度お届けしているラジオ番組「アリオスラジオ」(SEA WAVE FMいわき)が、この4月から1時間になり、新コーナー「あっちこっちいわき」がはじまりました。みなさま聴いていただけましたでしょうか……?これは、FMいわきさんの協力のもと、アリオスがこの春からじっくり時間をかけて取り組んでいこうとしている新プロジェクト「スキマチイワキ」の関連コーナーとして始まりました。

詳細画像

スキマチイワキは、アリオスのスタッフがそれぞれ「興味のあること」を手がかりに、いわき市内のあちこちにでかけ、そこで出会った方々と交流したり、いろんなことを教えていただいたりする、いっぷう変わったプロジェクトです。2回目のmeetingは、2つのコースに分かれて、まちあるきを行いました。



【事業データ】
日時:2015年8月30日(日)
場所:いわき市中之作
文 :前田優子(企画制作課)

■グループ活動スケジュール
【2班】路線バスで行く〜中之作・字をたずねてチーム
9:00 駅前 → 9:42川岸 下車
10:00 中之作(ナビゲーター:速水春雄さん)
12:00 清航館でお昼ご飯休憩
13:00 松本茂中之作在住のお話
14:02 川岸 → 14:55駅前着


8月30日(日)、あいにくのお天気でしたが、「スキマチイワキmeeting vol.2〜あっちこっちいわき旅」、行ってまいりました!
詳細画像

朝、8:15いわき駅に全員集合。簡単な顔合わせのあと、「磐越東線で行く〜川前町たんけん隊チーム」と「字を訪ねて中之作〜路線バスチーム」の2班に分かれ、それぞれにまちあるきをし、再びいわき駅に集合。平三丁目のアートスタジオもりたか屋さんに移動して、それぞれの旅を報告しあいました。(もりたか屋さんでの報告会については、次の回に書きます。)

私・前田優子は、中之作チームを担当。
詳細画像
いきなり余談ですが、じつは、中学生のころに路線バスに一人で乗って、行き先を間違えてえらい怖い思いをしてから路線バスが苦手だった私……いわきにきて9年目になるのに、路線バスにのったのは今回が2回目だったのです。コースも乗り場も事前に何べんも確認し、今回はバッチリでした。


バスは、平のまちを抜け、沼の内・豊間・薄磯の海辺を走ります。訪れるたびにどんどん風景が変わっていく沿岸部。震災前とほぼ同じコースを通っています。出発から50分ほどで、「川岸」の停留所に到着。いつもお世話になっている中之作プロジェクトさんの全面的なご協力のもと、江名地区まちづくり協議会の速水春雄さんと一緒に中之作をあるきました。
詳細画像

午後は中之作の民俗史をまとめた「中之作村」を著された長老・松本茂さんに、江戸時代は物流、その後遠洋漁業で栄えた港町・中之作の、貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。(この内容は別途まとめたいと思います)
詳細画像

同行してくださった観光家・陸奥賢(むつ・さとし)さんが、まちあるき初体験の私たちを導いてくださって、より深くひとつひとつを観ることができました。途中、折戸の甚兵衛商店さんの前で、江名諏訪神社の夏季例大祭(獅子祭)に遭遇できたのは本当に幸運でした。
詳細画像
一昨年の夏から、江名小学校の子どもたちが獅子を舞っているのです

そしてお昼ご飯は、清航館じまんのかまど炊きごはんに新鮮なお刺身がたっぷりのった海鮮丼! 美味しかった〜! ちいさな港町、と思っていたけれど、4時間ではぜんぜん時間が足りない! と感じるほどでした。
詳細画像

そして、今回この旅に参加してくださった、渡辺さん。幼少期を中之作で過ごされたそうで、スキマチイワキの新聞記事を目にしてすぐにお申込みくださいました。「もう忘れていると思ったのに、歩いているとどんどん昔の記憶が蘇ってきた」とおっしゃっていた渡辺さん。ちいさな子どものように、何かを見つけると走り出したり、思い出を楽しそうにお話しして聞かせてくださいました。渡辺さんとご一緒できたおかげで、タイムトリップしたような感覚を共有することができました。

渡辺さんは数日後、お手紙をくださいました。許可を頂きましたので、その一部を、最後にご紹介させていただきます。

先日は、私のためのとっておきのツアー(笑)中之作の旅に連れて行っていただき、本当にありがとうございました。とにかく、おりたバス停が川岸……目の前に続く細い坂道は、自分が生まれた助産院があったはず……そして左手にはかつて住んでいた(家の)跡地……それだけで舞い上がってしまった私です。詳細画像

現在、中之作プロジェクトさんが運営されている忠右衛門さんのお宅(現・清航館)には、私よりひとつか二つ上の女の子がいて、何度か遊びに行った記憶も蘇りました。折戸までの道は、当時、友達も住んでいてよく遊んだところです。

入の坂を登ると例の助産院が当時のままの姿を残し、はじめて「戦」まで山越えし、懐かしい榎戸へ。私たちがよく遊んだエリアです。

詳細画像

あの入っちゃいけないと言われていた素敵な建物が遊郭だったとは…そして、明神様への坂道……

詳細画像

大きな犬がいた船主さんの家がそのまま残り、かくれんぼをした神社、草が生い茂る抜け道、保育所の跡地などタイムスリップしたような思い出深いところでした。
詳細画像

当日の現地での4時間はあまりに密度が濃くて、本当にオナカいっぱいで……(食事のことだけじゃなく)満足で、夢中で過ごした1日でした。

あれから1日…2日…だんだんとボディブローのようにじわじわと押し寄せてくる感動が……これがちょっぴり地味なスキマの旅なのでしょうか? 長くなってごめんなさい。このじわじわくる感動をなんとかおつたえできれば幸いです。また何か企画があったらぜひ教えてくださいね。では…失礼いたします。

■「スキマチイワキmeeting vol.2」の振り返りをアリオスラジオで!
 今回ゲストにお迎えした観光家・陸奥賢さんも登場します。
〔番組名〕アリオスラジオ
〔放送日時〕9/28(月)13:00〜14:00
〔放送局〕SEA WAVE FM いわき(76.2MHz)
〔出演〕ゲスト:陸奥賢(観光家)
    ベティ(FMいわきパーソナリティ)
    シュガー亭ノンシュガー、前田優子、萩原宏紀(いわきアリオス)
    會田紗織(いわきアリオス インターン)

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)