【アリオス・バレエシアター2016】下村由理恵版「くるみ割り人形」〜参加者紹介ブログ(2)

2017.2.4

バレエをつくる楽しみ、観る喜びが詰まった「アリオス・バレエシアター」。3年目となる今回は、公募で集まった小学校1年生〜高校3年生、22名のワークショップ参加者と共に、いわきオリジナルのバレエ作品をつくりあげます。

●過去の「アリオス・バレエシアター」については、こちらをお読みください。
【アリオス・バレエシアター】第1弾「ファンタジー」公演レポート前編
【アリオス・バレエシアター】第1弾「ファンタジー」公演レポート後編
【事業レポート】アリオス・バレエシアター2015「下村由理恵バレエ・リサイタル」

構成・振付・演出は、いわきアリオスでの創作が3回目となる、バレエダンサーの下村由理恵さん。2012年度に「ダンスリレー」という事業で挑んだ「くるみ割り人形」に、新たな参加者と再び挑戦します。
このブログでは、22名の参加者の皆さんに、参加の理由やバレエの魅力、本番への意気込みなどを書いてもらいました。これから数回にわけて、ご紹介いたします。
ひとつの作品を一緒につくりあげていく子どもたちの、熱い想いに触れていただき、3/5(日)の大ホールでの公演を楽しみにお待ちください。

●これまでの「アリオス・バレエシアター2016 参加者紹介ブログ」については、こちらをお読みください。
【アリオス・バレエシアター2016】下村由理恵版「くるみ割り人形」〜参加者紹介ブログ(1)

【事業データ】
アリオス・バレエシアター2016 ワークショップ
[日時]2016年11月19日(土)〜2017年3月4日(土)(全22回)
[会場]いわきアリオス 本館5階 大リハーサル室 ほか
[撮影]白土亮次




小学校1年生の女の子
参加の理由
バレエがすきでたのしそうだったからです。
バレエの好きなところ、面白いところ
おどりとか、いしょうがきれいなところです。
自分が演じる役への意気込み
女の子のやくは、かわいくおどれるようにしたいです。へいたいやくは、かっこよくおどれるようにしたいです。
バレエシアターの楽しいところ
おねえさん、おにいさんといろいろなひとにあえることと、ひとりひとりにやくがあるところです。
こんなところを観てほしい!
男の子たちがおどるシーンで、すごいところがあるのでみてほしいです。



小学校4年生の女の子
参加の理由
おともだちにさそわれて、楽しそうだなと思ったからです。
バレエの好きなところ、面白いところ
音楽に合わせてリズムよくおどるのが楽しいです。
自分が演じる役への意気込み
男の子役は、しせいを正して、はっきりとやる。雪の精は、粉雪みたいに軽々しくおどる。花のワルツは、花のようにゆうがにおどる。
バレエシアターの楽しいところ
みんなで一つの作品をつくって、協力しあえるところが楽しいです。
こんなところを観てほしい!
「自分が演じる役への意気込み」で書いたところを観てほしいです。



小学校4年生の女の子
参加の理由
以前アリオスバレエシアターを見たとき、わたしも今度やってみたいと思ったからです。
バレエの好きなところ、面白いところ
バレエは、バーレッスンをしたり、センターで曲に合わせておどったりするところが好きです。面白い所は、トゥシューズでおどったり、バランスをとったりするところです。
自分が演じる役への意気込み
自分の役になりきって、ちょっとしたことでも、きれいに見えるようにおどりたいです。
バレエシアターの楽しいところ
楽しいところは、新しいふりつけをおぼえて、曲に合わせておどるところです。
こんなところを観てほしい!
同じ役の子たちと(全員が)息があった所を観てほしいです。


■アリオス・バレエシアター2016 下村由理恵版「くるみ割り人形」
[日時]2017年3月5日(日)15:00開演(14:30開場)
[会場]いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
[料金]全席指定/1,500円 中学・高校生 500円 4歳以上小学生以下 無料(要事前申込)
    ※3歳以下の入場はご遠慮ください

関連イベント

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)