【事業レポート】おでかけアリオス んまつーポス 身体表現ワークショップ in 湯本第二小学校(6回目・最終回)前編

2017.1.31

【おでかけデータ】
日時:2016年12月6日(火)9:15〜11:15
会場:いわき市立湯本第二小学校 体育館
対象:2年生 33名 
おでかけアーティスト:んまつーポス(児玉孝文、みのわそうへい、豊福彬文)
撮影:村井佳史
文:矢吹修一(企画制作課)

湯本第二小学校で実施した「おでかけアリオス んまつーポス身体表現ワークショップ-6回目(最終回)」について振り返ります。

これまでの活動の様子はこちらからご覧ください。
【事業レポート】おでかけアリオス んまつーポス身体表現ワークショップ in 湯本第二小学校(1回目・前編)
【事業レポート】おでかけアリオス んまつーポス身体表現ワークショップ in 湯本第二小学校(1回目・後編)
【事業レポート】おでかけアリオス んまつーポス身体表現ワークショップ in 湯本第二小学校(2回目)
【事業レポート】おでかけアリオス んまつーポス身体表現ワークショップ in 湯本第二小学校(3回目)
【事業レポート】おでかけアリオス んまつーポス身体表現ワークショップ in 湯本第二小学校(4回目) 
【事業レポート】おでかけアリオス んまつーポス身体表現ワークショップ in 湯本第二小学校(5回目) 

7月から始まったワークショップが6回目をむかえ、ついに最終回です。
湯本第二小学校の2年生みんなと一緒に活動できるのは今回で最後ということで、残せるものつくりたいという想いから、ダンスの映像作品づくりを行います。
踊りを考え、つくり、それらを撮影、編集して、鑑賞。そして興奮する!という活動を90分の時間内で全て行います。

前回5回目のワークショップ(11/1)の最後に、全員で踊るシーンについては予習をしましたので、曲のイメージなどはすでに子どもたちの中に思い描けています。
準備運動兼ねて、その部分を全員で復習します。
動きも、表情も最高です。


確認できたところで、7つのグループに分かれて、各グループに歌詞カードを渡し、踊りをつくっていきます。


つくり方のコツを、んまつーポスから子どもたちに伝授。
 ・友達が考えた動きを絶対に否定しないこと。
 ・自分のアイディア、友達のアイディア、お互いのアイディアを積み重ねて最高の動きをつくっていくこと。

では創作開始です。


単語の発音からの動きだったり、言葉の意味だったり、そこから派生した別の動きだったり、子どもたちの豊かな発想力からユニークな動きのアイディアがたくさん出てきます。


各グループの踊りが完成したところで、曲にあわせて繋げて踊ってみます。


他のグループがつくった踊りを見るのはこの時がはじめて。
自分たちの踊りと違うアイディアがたくさんあって、それらを参考にさらに子どもたちのアイディアが足され、各グループの踊りが洗練されていきます。

次に、どこで撮影したいかを決めていきます。


どういう構図で見てもらいたいか、各グループで考えます。
教室、校庭、廊下、昇降口前などいろんな候補があがります。


踊る場所が決まったらいよいよ撮影へ!
続きは、【事業レポート】後編をお楽しみください。 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)