【スキマチイワキ 〜小川サイドストーリー】「スキマチイワキ meeting vol.9『しでかすさんと行く、ぶらり小川こめぐり 〜諏訪神社編』」 〈その2.JR磐越東線の車窓から〉

2017.6.30

地域とアートの今を見つめるプロジェクト「スキマチイワキ」。2015年のスタート以降、いわき各地に出かけては複雑に多様化する“いわき”を知る活動を続けてきました。そして、2017年3月25日(土)には「スキマチイワキ meeting」の第9弾として、小川町高萩地区でのリサーチをまち歩き企画に仕立てた『しでかすさんと行く、ぶらり小川こめぐり ~諏訪神社編』を開催。平・常磐・泉地区などから13名の皆さんにご参加いただきました。小川サイドストーリーと題したこのブログでは、本企画の台本をアーカイブするとともに、様々な小川の表情をお伝えしていきます。今回はまち歩きの出発地であるJRいわき駅を出発し、JR磐越東線の車窓から。

出演:しでかすおともだち、山田広野、小川町の皆さん、スキマチイワキ meeting.9 参加者の皆さん
撮影:村井佳史(*を除く)


<しでかすおともだち>は2006年よりダンサー・振付家の小林由佳と様々なアーティストが集まって結成された、きぐるみアイドルユニット。衣裳デザインは美術家・安部泰輔。本企画には、しでかすおともだちからウーシャカ、タブネイ、キットヒが出演し、活弁映画監督の山田広野(やまだ・ひろの)が進行を務めました。




−−− 2017年3月25日(土)13時13分 JRいわき駅 6番線ホーム・磐越東線車内


山田広野(案内役) −−− 皆さま、これよりほかのお客さまもいらっしゃいますので 私は少しガイドをおやすみさせていただきます。しばしの間、車窓から見える景色などをお楽しみくださいませ。

案内役の山田広野さん(会津若松市出身)

−−− ということで、ここから小川郷駅まで山田広野さんに代わり、JR磐越東線の車掌さんが参加者の皆さんと獣たちを電車の旅へとご案内していきます。そして、今回は駅部の前田百恵が車内の様子をお伝えします。
「お待たせいたしました。13時13分発、磐越東線下り、小野新町・船引・三春方面、普通列車の郡山行きが間もなく発車します。閉まりますドアにお気をつけください」 - 車内アナウンスがちょっとした旅気分にさせてくれます。電車は定刻どおり、いわき駅を発車。磐越東線に多数ある石造りのトンネルを抜けて……。
『トンネルを出て右に曲つていよいよカーはふるさとのなかにはひつてきた』
*引用:小川町出身の詩人・草野心平の「故郷の入口」(1944年)より

- 約70年前、中国に渡っていた心平が一時帰国し、帰郷した際の作者の眼差しとカー(=電車)が速度を上げていく臨場感とが重なります。

“袖擦りあうも多生の縁”、新たな出会いが車両内でありました。獣たちに群がる子どもたちはお母さんに連れられて、小川町から平の映画館・ポレポレいわきで映画を楽しんだ帰りだったそうです。カラフルな布地に、うっすら見える人型のシュールな獣たちに興味津々な様子。
これは後日談なのですが、お世話になった小川町民の方から「しでかすおともだちや山田広野さんと、すれ違う町民たちとの絡みがあって、意外とそういうときがその日のハイライト」との感想をいただき、車両内でのこの瞬間もこの日のハイライトだったのだと思います。

子どもたちに大人気!

広々とした田園風景と住宅街を抜けて、電車は途中停車駅である赤井駅に。この駅では参加者3名が無事合流しました。「途中乗車あり」、これも電車の旅ならではの楽しみです。そうこうしているうちにJAいわき市梨選果場(小川町西小川)を右手に望み、長く続く竹藪に囲まれながら、小川郷駅に到着。

−−− 2017年3月25日(土)13時23分 JR小川郷駅 1番線ホーム 
『カーは止つた。おれは直ぐには立ち上らずに改札口の方を見る。天平が。滅茶苦茶な顔をして手をふつてゐる。烏打*をかぶつた晴夫もゐる。いよいよ。むしろしづかに腰をあげる。小川郷。』 *烏打:ハンチング帽のこと
*引用:小川町出身の詩人・草野心平「故郷の入口」(1944年)より
- そこには、草野充宏さん(くさのや店主・小川町商工会 会長・小川郷の会 会長)はじめ、小川町民の皆さんが手を振って待っていた!

−−− つづく。
* *
2016年12月、小川郷駅にて。ウーシャカ(写真 右)と、恐らくはハトのオシュハ(写真 左)




○バックナンバー
【【スキマチイワキ 〜小川サイドストーリー】「スキマチイワキ meeting vol.9『しでかすさんと行く、ぶらり小川こめぐり 〜諏訪神社編』」 〈その1.JRいわき駅〉


この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)