磐城桜が丘高校新聞局「追跡フラガールズ甲子園2017」(1)

2017.8.4

今年も「フラガールズ甲子園」の季節がやってまいりました。

今回も北は秋田から南は鹿児島まで、25校の高校生フラガール200名余がいわきアリオスに集結。文部科学大臣杯を目指して日頃の成果を競います。

フラガールズ甲子園はステージ上だけでなく、アナウンスや広報、撮影などの仕事を地元いわき市の高校生・高専生が担当し、大会を支えています。「高校生による、高校生のための大会」なのです。

フラガールズタイムス

フラガールズ甲子園はステージ上だけでなく、アナウンスや広報、撮影などの仕事を地元いわきの高校生・高専生が担当し、大会を支えています。「高校生による、高校生のための大会」と言われる理由がここにあります。

このブログでは、大会当日に会場で配布する新聞「フラガールズタイムス」を発行するべく、今年も取材活動を始めた福島県立磐城桜が丘高等学校新聞局によるレポートをお送りしていきます。今年は2年生5人、1年生2人の7人で大会を盛り上げます。まずは、新しく局長に就任した蛭田文(あや)さんが、先日いわき明星大学で行われたプレ大会のレポートをお届けします。

フラガールズタイムス

取材・文:蛭田 文(2年)
撮影:磐城桜が丘高校新聞局

フラガールズ甲子園が目前に迫った7月29日(土)、いわき明星大学でフラガールズ甲子園のプレ大会が開催されました。参加したのは市内の5校の高校に、いわき明星大学のフラダンス部、それにスパリゾートハワイアンズの7チームで、私はトップバッターを務めた福島県立湯本高等学校「Welira Mahalo(ヴェリナ・マハロ)」の3年生、芳賀琴音さんに取材を行いました。

フラガールズタイムス
(右から蛭田文さん、芳賀琴音さん、磐城桜が丘高校新聞局1年 吉田栞さん)

湯本高校はフラガールの“聖地”であるスパリゾートハワイアンズの近くに位置し、毎年最優秀賞を期待されていますが、まだ一度も獲ったことがありません。昨年は特別賞の「常磐音楽舞踊学院賞」(4位相当)を受賞され、今年こそは! とこれまで以上に気合が入っています。また、昨年まで2、3年生だけで大会に出ていましたが、今年は初めて1年生も出場し、総勢24名での演技となります。

フラガールズタイムス

Q1.チームの特色は何ですか。
A.チーム名の「Welira Mahalo」は日本語で「愛を込めてありがとう」という意味があるので、練習の時は必ず講師の先生や顧問の先生、そして私たちを支えてくれている家族や友人に感謝の気持ちを込めながら、最優秀賞を目指して日々練習しているところです。

Q2.昨年は常磐音楽舞踊学院賞を受賞されたということですが、今年はそらに最優秀賞を目指すために練習で頑張っていることや工夫していることはありますか。
A.今年から初めて1年生も大会に出るので、フラもタヒチもより迫力のある演技ができるように、1人1人が自覚を持って練習しています。また、振りやフォーメーション、衣装も自分たちで考えを出し合っています。

Q3.今日の発表はいかがでしたか。
A.3年生は舞台慣れしていましたが、1年生は今日のような大舞台は初めてだったので、周りを気にしながら恥ずかしそうに踊ってしまいました。

フラガールズタイムス

Q4.残りの期間での課題はありますか。
A.1年生が本番で堂々と踊れるようにすることと、2、3年生がしっかりフォローできるようにすることが課題です。他の人に合わせるのではなく、間違えた人に合わせるという助け合いの精神を大事にしたいです。

Q5.課題曲(My Sweet Pikake Lei)のハワイ語の歌詞をすべて日本語に訳したそうですが、歌詞の中で1番好きなところや、1番想いを込めているところはどこですか。
A.直訳で「有名なこの香り 私の恋人よ」という部分です。この歌はピカケという花を愛するハワイのプリンセスのお話なので、自分たちもピカケを愛し、お姫様になったように想いを込めています。



Q6.芳賀さんにとって、フラダンスの魅力は何ですか。
A.他のダンスとは違って、自然を体で表して自分が自然になってゆったりと踊るところです。

Q7.本番へと意気込みを教えてください。
A.最優秀賞を獲れるように頑張ります!

湯本高校は今回初めて1年生を大会に出すということで、本番に向けてまだまだ課題はあるようですが、「助け合い」の精神でこのかべを上手く乗り越えてくれることと思います。今回は取材にご協力いただきありがとうございました。本番で最高のパフォーマンスができるよう応援しております!

◆イベント情報◆
文部科学大臣杯争奪 全国高等学校フラ競技大会
第7回 フラガールズ甲子園
日時:2017年8月11日(金・祝)11:30開演(10:30開場)
会場:本館2階 大ホール
※前売券は受付終了。当日の競技の模様は、中劇場で行うパブリックビューイングでご覧いただくことができます(NPO法人フラガールズ甲子園事務局 0246-68-8282)。
主催:フラガールズ甲子園実行委員会
公演詳細

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)