【いわきアリオス演劇部】アシスタント・菅野蓮華さんによる体験レポートその2

2017.11.11

演劇を通じて、人と人、地域と地域、そして人と地域を繋げる、いわきアリオスの「リージョナル・シアター」。2017年度はいわき市内の4校から参加している15名の高校生と一緒に「いわきアリオス演劇部」を結成し、いわきオリジナルの台本づくりに励んでいます。
10/28(土)・29(日)には、いわきアリオスの小劇場にて「第60回 いわき地区高等学校演劇コンクール」が開催され、高校生たちの熱い戦いが繰り広げられました。いわき地区から、磐城桜が丘高校・いわき総合高校・勿来高校の3校が、11/29(水)〜12/1(金)に福島県白河市の「白河文化交流館コミネス」にて開催される県大会に出場します。演劇部の皆さん、頑張ってください!
「いわきアリオス演劇部」も負けじと活動を続けています。前回のブログに引き続き、アシスタントの菅野蓮華さんにその様子を紹介してもらいます。

●前回の様子はこちらをご覧ください。
「【いわきアリオス演劇部】アシスタント・菅野蓮華さんによる体験レポートその1

【事業データ】
いわきアリオス演劇部
〔日時〕2017年9月23日(土・祝)14:00~18:00
〔講師〕三浦直之(ロロ)、大信(おおのぶ)ペリカン(シア・トリエ)





文:菅野蓮華(かんの・はすか/東北大学 大学院 博士前期課程2年)

すっかり肌寒い季節となりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。「いわきアリオス演劇部」のアシスタントを務める菅野です。



いきなり私事で恐縮ですが、先日、東北よりもっと北に位置するドイツのハノーファーという町へ赴き、その小ぢんまりした町にある大学で日頃の研究成果を発表してきました。研究発表やプレゼンテーションは、どこか一人芝居の公演に近いものがあるような気がします。せいいっぱい背伸びをして「英語が話せる若き日本人研究者」の役を演じてみましたが、本物の研究者の方々にどう映ったかは定かでありません。以上、余談でした。

さて、9/23(土・祝)に開催した「いわきアリオス演劇部」では、7月のワークショップ後に参加者の皆さんが提出した演劇の台本が披露されました。参加者一人ひとりが書きあげた5分程度の台本を、自分たちで声に出して演じてみる「読み合わせ」を行いました。そうして、台本の作者、演じてみた役者、それを観ていた参加者が意見を交わしあい、講師の三浦直之さんと大信ペリカンさんからも講評をいただきました。



今回の台本のテーマは、前回ワークショップのなかでつくりあげられた架空の人物3名(太朗・リカ・マチルダ)について、高校のどこかで噂話が囁かれている場面を書くことでした。学校生活に噂話はつきものです。噂話をするために登校していると言っても過言ではありません。今回のポイントとなるのが、一つは高校生同士の会話を表現すること。もう一つは台本の読み手に、登場しない架空の人物の人物像をむくむくと想像させることです。しかし、これが案外むずかしい!



参加者のうち、今回初めて台本を書いた高校生も少なくありません。また、このブログをお読みくださっている方にも、演劇の台本(戯曲)を見たことのない方がいらっしゃるかと思います。演劇の台本は、登場人物の「セリフ」と、状況を説明する「ト書き」から主に構成されます。5分程度の短い台本といえども、作文や小説とは異なる未知のフォーマットで文章を書くことは、右も左も分からず、むずかしい上に何となく不安な作業です。(ちなみに高校生の皆さん、将来もし大学に進学すると、初めてレポートや論文を書かされるときにまったく同様の思いを味わいます)
それでも参加者の皆さんが書いた台本からは、前回のワークショップで生まれた成果=架空の人物像を台本に落とし込もうとする真摯さや、自らの書くスタイルを模索している痕跡、「こういうものが書きたい!」という荒削りな情熱などが伝わってきました。



どうすれば皆さんの台本がよりいっそう面白くなるか、講師の三浦さんと大信さんは、これまで培ってきたテクニックやアイディアを、惜し気もなく伝授してくださいました。登場人物のキャラクターを立たせてみたり、人物同士の関係性を複雑にしてみたり、物語の始まり方と終わり方を工夫してみたり……一人ひとりの書いた台本から、様々な可能性が広がって見えてくるような、濃密な時間の流れるワークショップでした。



来年2月に控える成果発表会までの期間、これらの短い台本たちがどのように一つの演劇作品としてまとまってゆくのでしょうか。期待を膨らませながら、「いわきアリオス演劇部」の皆さんにしっかりと並走して行きたいと思います。

※12月1日(金)10時~受付開始
■リージョナル・シアター2017 いわきアリオス演劇部 発表会
〔日時〕2018年2月17日(土)15:00、18日(日)15:00
〔会場〕いわきアリオス 大リハーサル室
〔料金〕自由/無料(要事前申込)※年齢制限なし
〔作・出演〕いわきアリオス演劇部
〔演出〕三浦直之(ロロ)、大信ペリカン(シア・トリエ)

関連イベント

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)