【さきどりアリオス】うるしさんと共に、漆をめぐる旅へのお誘い(下)

2018.2.4


撮影:鈴木穣蔵 *をのぞく
文:飯田能理子(いわきアリオス 広報グループ)

漆作家の2人組・うるしさんと約1年かけて行っている「“ふたり”がつくる世界に触れる vol.2『漆をめぐる、__ふたり旅。』」。昨年(2017年)4月の会津・いわきでの取材旅から始まり、8月にはうるしさん史上初のトークショー&デモンストレーション。その後、関心を強めてくださった方が直接漆を扱うことができる機会をということで、10月には「秋のワークショップ『漆で遊ぼう』」を実施しました。


“ふたり”がつくる世界に触れるvol.2「漆をめぐる、__ふたり旅。」
秋のワークショップ『漆で遊ぼう』
〔開催日時〕2017年10月9日(月・祝)10:30〜12:30、14:00〜16:00
〔会場〕いわきアリオス 本館3階 中リハーサル室
〔講師〕うるしさん(漆作家の2人組 村田優香里、坂本恵実)

秋にワークショップを行ったのは、全体のプログラムでちょうどよいタイミングだっただけではなく、漆という素材の特性にも関係しています。接着剤・塗料としての漆の作業は、春(4〜5月)、秋(9〜10月)が適していると言われているそうです。というのは、漆が通常の塗料のように揮発して乾燥するのではなく、一定の湿度(湿気が重要とのこと!)・温度が保たれていることによって乾燥する性質を持つためです。人間にとって過ごしやすい(過ごしやすさは人それぞれだとは思いますが)気候が、漆にとっても最適と思えば、考えやすいでしょうか。

うるしさんの工房にある「漆風呂」と呼ばれる漆の乾燥用棚。工房や作家さんそれぞれで湿度・温度が管理しやすい「漆風呂」をもっているそう。

秋のワークショップをどんな内容にしようか話している時、チラシ制作をお願いしたデザイナー:にとうしんさんから、「漆ってどんなものまで塗ることができるのでしょうか? コピー用紙とかダンボールとかもOK?」という質問がありました。私もその部分に関しては気になっているところでしたので、ワークショップではそういう素朴な疑問に対して、漆がどんな素材なのかを身をもって知ってもらおう! と、普段塗る機会のないペットボトル・ガラスに漆を塗ったものも用意して、いかに定着しないのかということもお伝えしました。

*
ワークショップ前日、素材を裁断したり、まるで文化祭前夜のような雰囲気に。


ワークショップの最初は、様々な素材と漆のサンプルを見ていただきました。

 
最後は、形づくった素材に漆を塗る作業。

10月のワークショップは、漆に関心の高い方が多いことが分かるほど予想外のお問合せがあり、午前中(10:30〜12:30)に追加開催を決定。約40名の方に、いわきで揃った素材(アリオスで出た舞台の廃材、海でとった石や貝殻、オブジェ、革を扱う職人さんから提供いただいた端材、看板職人さんにいただいた桜材、古布屋さんに多めに分けてもらった古布……ほか)等を使って、思い思いに漆の小物をつくっていただき、並べるとこんなに賑やかに!


色々なワークショップを行っているうるしさんですが、できあがった作品が非常にバラエティに富んでいることにとても驚かれていました! 上述した、「漆と素材」に関する試みやワークショップ参加者の皆さんの作品(一部)は、現在開催中の『新春から始まる展示』(〜2月12日 月・休 まで)でご覧いただけます。うるしさんの作品と合わせて必見です!

その後、『新春から始まる展示』準備のために、アリオスの作業室にこもって全て手作業の「旅のまとめ展示」を完成させたり、一つひとつを楽しみながら、手と足を動かして丁寧に企画を進めるうるしさん。
*
展示の旅のまとめゾーンは、大量の写真からセレクト&切り抜き。大きなスクラップブックのような雰囲気でまとまっています

イベントやワークショップ、取材でこちらに訪れている時には、時間の許す限りいわきライフも楽しんでいただきましたが、ここでは書ききれないので、トークイベントの中でもお話できれば。
* *
夏のイベント後、平の夜明け市場に立ち寄る 取材で訪れた内郷・白水阿弥陀堂

今度の2月6日(火)は、漆が好きな方も、ちょっと興味あるけれどもなぁという方も、今までの企画に参加されている方も、そうでない方も、できるだけ多くの方に、うるしさんの気さくなお人柄に触れながら、日本人の生活の案外近くにある“漆”の魅力を感じていただけるよう、準備中です。撮りためた写真や、インターネットを駆使して漆の今を見てみたり、旅のお土産争奪戦「漆クイズ大会」も開催予定です。全体のテーマは“旅”、ふらりとアリオスに立ち寄ったら、ちょっと嬉しい出会いがあった、という時間をお届けしたいと思います。ぜひ、お越しください。

★2018年2月6日(火)18:30〜20:00
 いわきアリオス 本館2階 カスケードにて(入場無料・予約不要・年齢制限なし)
“ふたり”がつくる世界に触れるvol.2 「漆をめぐる、__ふたり旅。『立春のトーク』」
に続く

==
■関連ブログ
【さきどりアリオス】うるしさんとともに、漆をめぐる旅へのお誘い(上)
【さきどりアリオス】うるしさんとともに、漆をめぐる旅へのお誘い(中)

関連イベント

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)