磐城桜が丘高校新聞局「追跡フラガールズ甲子園2018」(2)いわき総合高等学校編

2018.8.19

2018年8月19日(日)に「第8回フラガールズ甲子園」が開催されます。今年は北は宮城から南は神奈川まで、24校の19チームの高校生フラガール200名余がいわきアリオスに集結。文部科学大臣杯を目指して日頃の成果を競います。

フラガールズ甲子園はステージ上だけでなく、アナウンスや広報、撮影などの仕事を地元いわき市の高校生・高専生が担当し、大会を支えています。「高校生による、高校生のための大会」なのです。

磐城桜ヶ丘高校放送局

このブログでは、大会当日に会場で配布する新聞「フラガールズタイムス」を発行するべく、取材活動をしている福島県立磐城桜が丘高等学校新聞局によるレポートをお送りしていきます。今年は2年生2人、1年生11人の13人で大会を盛り上げます。

今回は8月6日(月)に、平七夕まつり「ラトブ 真夏の文化祭2018」に出演した後、いわき総合高校のリーダーに行ったインタビューをお届けします。


取材・文:小野 瑞貴(1年)
撮影:磐城桜が丘高校新聞局

3年前の第5回のフラガールズ甲子園で最優秀賞を受賞したいわき総合高校は満面の笑みを武器に踊る。今回私は笑顔眩しいいわき総合高校「Alohi mino’ aka(アロヒミノアカ)」代表の齋藤遙さん(3年)にインタビューをした。

追跡フラガールズ甲子園 いわき総合高校

遙さんは福島県大熊町出身のフラダンサーだ。大熊町は7年前の東日本大震災、原発事故で甚大な被害を受けた町である。そのため、遥さんはフラを通して伝えたいことがあった。それは「ありがとう」という感謝の気持ちだ。震災で全国から沢山の支援があった大熊町。その出身である遥さんの感謝の気持ちがこもったフラは心温かいものを感じさせる。その心温かいフラはチームメイトに広がり、チーム全体を盛り上げる。今年もいわき総合高校のフラに対する熱は凄い。

私は、フラダンサーそれぞれに伝えたい思いがあるということをインタビューから気づいた。元来、フラは思いを身体で表現する舞踊であった。それは今でも変わらず、思いを伝えるために踊られている。私は彼女たちが多種多様な思いをのせて踊る姿を、様々な人に見てもらいたいと心から願っている。

追跡フラガールズ甲子園 いわき総合高校

◆イベント情報◆
文部科学大臣杯争奪 全国高等学校フラ競技大会
第8回 フラガールズ甲子園
日時:2018年8月19日(日)11:20開演(10:30開場)
会場:本館2階 大ホール
※当日の競技の模様は、中劇場で行うパブリックビューイングでご覧いただくことができます(NPO法人フラガールズ甲子園事務局 0246-68-8282)。
主催:フラガールズ甲子園実行委員会
公演詳細

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。

    共通フッター

    PAGE TOP

    本サイトの著作権(copyright)